ホームページ移転のお知らせ

2014年から更新を続けてまいりました当ページですが、このたび移転することになりました。

移転先は、 https://betaniyamura.com/ となります。

今後、新しい記事はこちらのほうで更新してまいります。当ページの過去記事も、少しずつ新ページのほうに移行してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 


礼拝堂のお花

教会員ではないけれど、Yさんが生けてくださいました。

お花を買う時からご一緒していただきましたが、やっぱり頭の中ですでに生け方を組み立てながら選んでおられるな〜と思いました。

教会に戻って「さあ!」と花器を置くなり、「ん〜♬」と言いながらスパンスパンと長い茎も切っていく姿に、潔いというか、お花苦手な私には「おー怖〜!」と思うほどの思い切りのよさをビンビン感じました。

また私のお当番の時は助けてください! と思わずお願いした私でした。Yさん、ありがとうございました!


2018年11月15日家庭集会

毎月第3木曜日は家庭集会の定例日。今日はヨハネの手紙第1 4章7節〜21節から牧師にお話をしていただきました。

子供たちによく話す言葉でもある「神は愛です」の箇所です。この箇所では「神は愛」「神の愛」「互いに愛し合う」など「愛」という文字がなんとたくさん出てくることでしょう。

心地よい言葉ではありますが、さて自分は分け隔てなくどんな人に対しても愛を持って接することができるかと問われると「……」なんとも痛い言葉でもあります。

しかし、そんな至らない私でさえ神様は私を愛してくださり、私の遅い成長を待っておられる。私たちにイエス様を送ってくださり、後に続けと日々待っておられる神様。敵を愛する事を身をもって教えてくださったイエス様を私たちは知っています。

なかなか本当の意味で、イエス様の様に人を愛することが出来ない私ですが、「イエス様、私を置いていかないで〜! 見捨てないで〜」と叫びつつ、それでもイエス様の後に従いたいと改めて思いました。

参加者の皆さんからは家族に対しての愛について時間を超えていろんな話が出て、豊かな時間になりました。皆さんありがとうございました。

写真がないけど、お茶の友に関西で有名な「御座候(ござそうろう)」という回転焼きを一緒に楽しみました。福岡でいうなら蜂楽饅頭ですが、関西出身の私は絶対御座候派です! 白あんの方が好きかな〜。


【御礼】秋の教会バザーは大盛況のうちに終了しました。

去る11月3日に当教会にて開催されました教会バザーは、150名を超えるお客様に来場いただき、盛況のうちに終えることができました。これもひとえに、ご献品をいただいたみなさまや、当日のお手伝いをしていただいたみなさまのおかげだと、教会員一同心から感謝しております。

みなさまにご協力いただいたおかげで、22万円を超える収益を上げることができました。この収益は、チラシなどでもご案内しておりましたとおり、「平成30年西日本豪雨災害被災地」「ペシャワール会」「地域生活ケアセンター小さなたね」「日本バプテスト連盟諸教会の働き」などのために献金させていただきます(クリスマス献金と合わせて年末頃に送る予定です)。

これからも、教会の働きについて心に留めていただき、またぜひ、礼拝にもお越しいただければ幸いです。

このたびは、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


2018年10月18日家庭集会

この時代の、この状況の中で祈るとは(軽めにあっさりと)

聖書:詩編46、マタイ福音書6:5-13、コロサイの信徒への手紙3:16-17
ほか「祈りの花束」を参考に(ヴェロニカ・ズンデル編 中村妙子訳 新教出版社 1987)

朝の祈りを始めてしばらく経ちました。当初は三日坊主で終わるかも知れないと思ったのですが、今もしっかりと続いています。それは祈らねばならない状況が眼の前にあるから、私の長女が受験を控えていること、教会の教勢が低迷していること、厳しい状況を抱えて歩む人びとがいる、ということがあるのでしょう。

私はスマートに祈れないたちで、祈る前に、必ずトイレに行き、用を済ませて、またティッシュペーパーを持って、祈り始めるのですが、いつの間にか、涙と鼻水でぐしゅぐしゅになってしまう事がしばしばです。鼻をかむたびに、お祈りを何回も中断します。そうして祈ると、25分近くかかるのです。

詩編は、祈りの花束だと言われます。詩編は、全部で150本の祈りの花々で構成されます。実際に読んで祈ってみると分かるのですが、いわゆる「しおらしい」「可憐な」祈りは一つもありません。情熱に満ちた祈りばかりで、なかには「敵を滅ぼし尽くしてください」との祈りも多々あります。私はこのような祈りを前にすると、躊躇して、思わず祈ることができなくなります。でも、よくよく考えてみると、詩編の作者ダビデや他の詩人たちのように、燃えるような情熱は無くても、祈る時に力を込めて祈るということはないでしょうか。私は、ひいきの引き倒しのような、親ばか丸出しの祈りを自分自身がよく祈っているなと自覚しています。

私が言えるのは、祈りを重ねているから、信心深くなるのではなく、一人ひとりの名前を挙げているから、心の中にある思いを挙げているからこそ、どんな状況でも揺らぐことが少なくなっているのではないかと思います。まだまだ神さまに委ねることは少ないです。つい自分が、という思いに駆られます。本当に大丈夫なのだろうか、という思いにもなります。でもその自分が祈ることが、神にゆるされている事実に私が今日を活かされ、力をいただいているのです。

 

 

 

 

 


2018年11月8日からしだね

いよいよ来月になった原田先生の講演会です。

『子供の豊かな未来のために ~病院ができること家庭ができること~』
日時:2018年12月10日(月)19:00~21:00
場所:福岡ベタニヤ村教会
会費:500円
お申込み:https://kokucheese.com/event/index/540768/ より

300枚のチラシがすでに配布されました。QRコードでの申し込みも進んでいますよ。原田先生も楽しみにしてくださっています。

1人でも多くの方と講演会を迎えたいと思っています。このホームページをご覧の方で、興味のある方はぜひ申し込んでくださいね。

当日、会場でお会いしましょう! ちなみに来月のからしだねの定例会は12月13日(木)10:30〜12:30です。定例会でもお待ちしています。


10月のからしだね

お待たせしました!

パークサイドこころの発達クリニック院長の原田剛志先生の講演会の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

日時:12月10日(月) 19時-21時
場所:福岡ベタニヤ村教会
参加費:500円
対象:子供の発達の凸凹に不安の ある保護者及び支援者
申し込み:https://kokucheese.com/event/index/540768/ もしくは、下のQRコードからお願いします。
受付期間:10月15日(月)9時〜12月9日(日)15時

テーマは「子供の豊かな未来のために―病院ができること、家庭ができること」です。

発達障害というほどではなくてもどの子にも苦手なことがあります。その苦手感にどう向き合って子どもを可能性豊かに育てていくかのヒントになればいいなと思っています。子育て中の方、子供達を日々支援されている方、子育てで悩む保護者さんを支援されている方、単に興味がある方もぜひお越しください。1人でも多くの方々に聞いていただきたいと思っています。

今からぜひスケジュールに書き留めて空けておいて下さい。

当日キッズスペースはありますが託児はありません。駐車場に限りがありますので、近隣の駐車場をご利用ください。

一緒に学びましょう。お待ちしています。

※ アイキャッチ画像提供:福岡市

 

 

 

 


秋の教会バザーのおしらせ

毎年恒例のバザーを今年も開催いたします。

掘り出し物たくさん、おいしい食べ物もたくさん準備して、みなさまのお越しをお待ちしております。なお、バザーの収益は、「平成30年7月豪雨災害被災地」、「ペシャワール会」、「日本バプテスト連盟諸教会の働き」のために寄付させていただきます。後日、あらためて報告いたします。

日時 2018年11月3日(土)11:00~14:00
場所 福岡ベタニヤ村教会

物販
日用雑貨、和洋食器、手づくり品、おもちゃ、古着など
お食事
おでん、カレーライス、うどん、お惣菜、ケーキ、デザートなど

【献品をつのっています】
おうちで使わないまま眠っている日用雑貨、食器、古着などありましたら、ぜひ教会にお持ちください。

  • 新品もしくはそれに準ずるものをお願いします。
  • 動作しないもの、壊れているものはご遠慮ください。
  • 人形、ぬいぐるみはご遠慮ください。
  • 古着はクリーニング、もしくは洗濯済みのものをお持ちください。
  • 家具全般、大型家電(テレビ、冷蔵庫など)は取扱いません。
  • お持ちいただく前に、お電話いただけると助かります。
  • 教会に誰もいない時は、屋根付き駐車場においてください(連絡先を添えていただけると助かります)。

 


趣味の会

教会では不定期で、それぞれのお得意をお互いに教えあいっこする会を持っています。

今回は、20日の集会からの流れでそのまま残って、ちょっと前に流行った籠作りに挑戦。網目の籠に初挑戦の方もいました。苦労の甲斐があって素敵なのができました。

鉛筆立ても、自分の使い勝手の良い大きさに作り、ボタンをあしらってみたらまぁなんと可愛い。初めて作ったって思えなーい!

ここには載ってない方の作品もあるんですよ。1人ではテープカットも大変なんだけど、たくさんの手があると早い早い! みんなでおしゃべりしながら、お茶飲みながら、オヤツを食べながらの楽しい時間でした。

さて次はどんなのを作ろうかな〜。Mさん、Yさん、今度は写メさせてね。