2018年1月18日家庭集会

1月の家庭集会は、「ぶどう園の労働者」のたとえからのお話でした。

朝早くから働いた人も、夕方から1時間しか働かなかった人も、同じ一日分の賃金が支払われました。私たちの社会常識では理解しがたい出来事ですが、早く仕事に就けた人も、不安の中で仕事にありつくことのできなかった人も、同じ恵みに預かることができました。聖書のお話のあと、おいしいぜんざいをいただきながら、おしゃべりの時間を過ごしました。

 

 

 

 


2018年1月11日からしだね

まだまだ寒い1月11日に今年最初のからしだねをしました。ストーブ焚いて、エアコン入れて〜、それでも部屋に入ってくる人の第一声は一様に「さっむいねぇ」でした。

今回は精神の安定や、気持ちをコントロールしやすくするのに薬を使う話で盛り上がりました。実際に使っておられる方の話を聞き、薬と聞くと何となく敬遠したくなる私たちですが、意識が変わりました。上手に使うと本当に日々の生活が楽になるし、本人も落ち着いて助かったこと、また薬の量が減ってきたことを聞くと、むやみに怖がることはないなぁと思いました。もちろん、医師に相談の下ではありますが、飲んでおられる方々の話を聞くことも大事と思いました。

かかりつけの先生ってやっぱり大事ですね。と同時に、ともに話し合える仲間も大事にしていきたいと思っています。

※「からしだね」は、我が子が育てにくいなと感じるお母さん達が集まって、いろんなお話をする集まりです。お互いに支え合いながら子育てをしてます。見学やお問い合わせは、随時受け付けています。教会にご連絡ください。


2017年12月28日家庭集会

メリークリスマス!

久しぶりにH家の集会をすることができて本当にうれしい時間でした。予定より長い入院生活で、本人も家族もホントに疲れたことでしょう。キツイ中よくがんばったと心から思いますし、やっぱり慣れ親しんだおうちがいちばんホッとしますよね。離れてみて気がつく日常のありがたさ。いつもそのことを覚えて感謝しないと……。

今日はルカ2章から、クリスマスのお話を聞きました。何度読んでもマリアの気持ちを考えると、ちっともうれしい出来事ではないこの箇所に、神様の出来事を引き受けていく大変さを思わされます。

街では楽しいクリスマスですが、本当のクリスマスの始まりはしんどい思いから始まったことを忘れないでいようと思いました。

メリークリスマス! 新しい年の始まりです。


2017年12月21日家庭集会

クリスマスを前に一所懸命お話の原稿を考えて書き、並行してケーキなどを焼き、カカオ紅茶を準備してお客様をお迎えする大石さん。この集会が長続きして来た秘訣がここに。

さて、ゼファニヤ書3:17「お前の主なる神はお前のただ中におられ 勇士であって勝利を与えられる。主はお前のゆえに喜び楽しみ 愛によってお前を新たにし お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれるを引用してお話をされました。

お話を聞いた一人として、主の年2017年、神様の愛をいただいて励まされ、背中を後押しされて、いまの私がここにいるのだと改めて実感しました。だから、どんな状況のもとでも、気分が乗っても、乗らなくても メリー・クリスマス、アンド・ハッピーニューイヤーなんですね。
(渡辺信一)

 

 

 

 


クリスマス教会開放日

明日、12月24日はクリスマス礼拝、イヴ礼拝が予定されていますが、その翌日、25日(月)の朝から夕方まで、教会を開放いたします。

どなたでもお越しいただけます。本を持ち込んで読書したり、ただ何もせず室見川を眺めたり(教会から室見川が一望できます)。年末の忙しない日常から、少しだけ離れて、ゆったりとした時間を過ごしにきませんか?

牧師が常駐しております。お気軽にお越しください。

教会開放日

2017年12月25日(月)10:00~17:30ごろまで

 


2017年のクリスマス礼拝

いよいよ、明後日はクリスマス・イヴです。

当教会でも、朝と夕の2回、礼拝をおこないます。ぜひお誘い合わせのうえお越しください。お待ちしています。

12月24日 11:00より
クリスマス礼拝メッセージ……渡辺信一牧師

12月24日 18:30より
クリスマス・イヴ燭火礼拝メッセージ……渡辺信一牧師
礼拝後には、近隣に出向いてクリスマスの讃美歌を歌う「キャロリング」をおこないます。どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

 

室見川のほうから教会を見上げると、このようなディスプレイが見えます。


2017年12月14日からしだね

今月は第2アドベントの週にからしだねの定例会、アドベントクランツに2本、灯をつけて過ごしました。

結婚前のマリアに、天使が現れて「おめでとうマリア」と、マリアに赤ちゃんが生まれることを告げました。マリアは当然の事ながらとても驚きます。なぜ、結婚もしていないこの私に赤ちゃんが! とお腹の赤ちゃんを、すぐには喜べない心境だったでしょう(この赤ちゃんがイエスさまです)。

クリスマスというと明るく楽しい時! と思っている人がいるかもしれませんが、本当のクリスマスは、受け入れられない戸惑いの中から始まりました。私たちの生活も、受け入れたくない事実に戸惑うことがたくさんあります。

来年、中学に進学するにあたり、普通級に行くのか、情緒級に籍を置いた方がいいのか……(この時期に決めないといけないんですね)。それぞれの学年で、悩みは尽きない子育てですが、この揺れは決して無駄にはならないと信じます。

しんどいけれど、希望を持って子供と共に悩みましょう。必ず希望の光が見つかると信じて!


当教会の12月の予定

12月に入りました。

わたしたちの教会では、クリスマスを迎えるこの月を、クリスマスウェルカム月間として礼拝を捧げます。はじめての方も歓迎いたします。クリスマスのひとときを、わたしたちといっしょに教会で過ごしてみませんか?

福岡ベタニヤ村教会 12月のスケジュール

12月3日、10日 11:00より
主日礼拝メッセージ……G・W・バークレー協力牧師(西南学院院長・理事長)

12月17日 11:00より
主日礼拝メッセージ……水野英尚協力牧師(地域生活ケアセンター 「小さなたね」所長)
礼拝後には、クリスマス祝会(愛餐会とゲーム)が予定されています。
※祝会には、礼拝にご出席いただければ、どなたでもご参加いただけます。

12月24日 11:00より
クリスマス礼拝メッセージ……渡辺信一牧師

12月24日 18:30より
クリスマス・イヴ燭火礼拝メッセージ……渡辺信一牧師
礼拝後には、近隣に出向いてクリスマスの讃美歌を歌う「キャロリング」をおこないます。どなたでもご参加いただけます。

12月31日 11:00より
主日礼拝メッセージ……伊原幹治兄

みなさまのお越しを、こころよりお待ちしています。


2017年11月16日家庭集会

今日は牧師が公務で留守でした。

でもその代わり教会のTさんが飛び入り参加してくれて、男性の目から見た聖書の話など、楽しいひとときでした。今回はちょっと難しいけど、イザヤ書にたくさん出てくる「贖い」について話しました。

「贖い」とは、かんたんにいうと、奴隷だった人が買い戻され、そして自由にされる(元の奴隷ではない)という意味です。

わたしたちは神さまによって「連れ戻される」っていうことだなと思います。それはわたしたちが「戻るべき場所に帰される」ということであり、その時は反省し、気持ちもしんどいけれど、よくよく考えれば「私の生きるべき場所」「立つべき場所」に立ち帰らせてもらえる、うれしい出来事なんだと思いました。

 

教会からのお知らせ

11月26日から12月いっぱいにかけて、ベタニヤ村教会の協力牧師、牧師、信徒の説教が予定されています。ぜひ、クリスマスの月、礼拝をともにしませんか。お待ちしています。


クリスマスハンドチャイムコンサートのおしらせ

~クリスマスは、こどもも大人も教会へ~

わたしたちの教会では、きたる11月18日の土曜日に、クリスマスハンドチャイムコンサートをおこないます。

やわらかな、あたたかいチャイムの音色に、あなたも癒やされませんか?

入場は無料です。みなさまのお越しをおまちしております。

日時 2017年11月18日(土)開場13:30 開演14:00
場所 福岡ベタニヤ村教会礼拝堂
指揮 青野詔子
演奏 チャイム・アンダンテ

チャイム・アンダンテのご紹介

1998年結成。宗教曲や讃美歌の編集作品を中心に演奏。教会のほか、病院・施設訪問もおこなっており、日本の歌・世界の歌なども演奏しています。メンバー自身が、やわらかであたたかいチャイムの音色に魅せられ、癒やされています。